kombutyaは作り方も簡単でおいしく、効果もありました

kombutyaは作り方も簡単でおいしく、効果もありました

美容系のサイトで最初に「kombutya」という文字を見た時は、迷わず昆布茶を思い浮かべました。海外のセレブ達の間で人気があるという見出しを見ても、「日本の昆布茶は確かに健康にも良いしおいしいから」と決めてしまっていました。

 

しかし、記事をよく読んでいくと、あの昆布茶ではなく紅茶きのこだったのです。1970年代にはやったということで、母に聞いてみると「懐かしいわねえ」という言葉が返ってきました。サイトに作り方が出ていたので、最初は好奇心のみで作ってみることにしました。材料さえ揃えてしまえば、作り方は簡単でした。このような発酵させるものは、毎日その変化を見ているのもとても楽しいものでした。

 

3週間くらい発酵させてから、味見をしてみると、甘酸っぱいお酢のような感じで、ものすごくおいしかったです。一時期お酢ブームがあって、その時に私もいろいろなお酢を買ってドリンクで飲んでいた時がありました。あの時にも体の調子が良かったので、期待感が高まりました。このkombutyaのいいところは、すべて自宅でできるので、余分な混ぜ物などが入らない点にあります。

 

また、酸っぱさや甘さも自分で加減することができます。普通に飲んでももちろんいいですし、私は炭酸で割るのが好きでした。変わったところでは、切ったフルーツにかけてマリネのようにして食べるのもおいしかったです。kombutyaを飲み始めてから、疲れにくくなり、肌の調子も良くなりました。

 

甘い紅茶を足して、再び発酵させると使い続けることができるので、これからもkombutyaを飲み続けていきたいと思っています。